研究成果

習慣的にコーヒーを摂取している人ほど眼圧が低いことを発見 -ながはま0次予防コホート事業(長浜スタディ)の成果-


2020年11月09日


     三宅正裕 医学研究科特定助教、辻川明孝 同教授、中野絵梨 同博士課程学生らの研究グループは、長浜スタディに参加した9,850人の日本人データを解析することにより、コーヒーをよく飲んでいる人ほど眼圧が低いことを発見しました。

     ただし、コーヒーを飲むことによって眼圧が下がるのかはわかっていませんので、緑内障の治療や予防の目的でコーヒーを摂取することを推奨するものではありません。

     日本は世界第4位のコーヒー消費国です。近年の研究で、習慣的にコーヒーを飲む人の方が死亡率が低く、様々な疾患になりにくいことがわかってきました。今回本研究グループは、緑内障発症?進行の危険因子である「眼圧」とコーヒーの関係に着目しました。緑内障は視覚障害の原因第1位で、眼圧が高いと緑内障が進行しやすいとわかっています。今まで、コーヒー摂取頻度と眼圧との関係を大規模な日本人コホートで調べた研究はありませんでした。

     本研究成果は、2020年11月6日に、国際学術誌「Ophthalmology Glaucoma」に掲載されました。

    図:本研究のイメージ図

    詳しい研究内容について

    書誌情報

    【DOI】 https://doi.org/10.1016/j.ogla.2020.09.019

    Eri Nakano, Masahiro Miyake, Yoshikatsu Hosoda, Yuki Mori, Kenji Suda, Takanori Kameda, Hanako Ikeda-Ohashi, Yasuharu Tabara, Kenji Yamashiro, Hiroshi Tamura, Tadamichi Akagi, Fumihiko Matsuda, Akitaka Tsujikawa, the Nagahama Study Group (2020). Relationship between intraocular pressure and coffee consumption in a Japanese population without glaucoma: The Nagahama study. Ophthalmology Glaucoma.

    • 読売新聞(11月8日 31面)に掲載されました。

    習慣的にコーヒーを摂取している人ほど眼圧が低いことを発見 -ながはま0次予防コホート事業(長浜スタディ)の成果-
    現在の画像 JPEG image — 64 KB

    No
    午夜福利国产在线观看1,午老司机午夜福利视频,午夜快车国语完整视频